看護留学 in オーストラリア ~取得できるアシスタントナース資格について~

私は、ワールドアベニューという会社を使ってオーストラリアへワーキングホリデーに行きました。その時アシスタントナース資格(CertificateⅢ)を取得し、半年間働いたのですがその時のことを今回は詳しく書いていきます。

アシスタントナースとして働いていた時に気が付いた日本とオーストラリアの働き方の違い、また給料についても赤裸々に別記事を書いていますので、是非ご覧ください↓↓

看護留学 inオーストラリア ~アシスタントナースの日本とオーストラリアの働き方の違い~

看護留学 inオーストラリア ~アシスタントナースの給料について~

看護留学 inオーストラリア ~アシスタントナースって誰でも働けるの?~

看護留学 inオーストラリア ~オーストラリアの施設と病院について~

他にも、オーストラリアでの看護ワーキングホリデーについて書いた記事がありますので、良ければご覧ください♡↓↓

看護留学 inオーストラリア ~看護ワーキングホリデーでできること~

看護留学 inオーストラリア ~必要な経費について~

看護留学 inオーストラリア ~ワールドアベニューが手配するホームステイ先について~

看護留学 inオーストラリア ~ホームステイ後の家の探し方~

看護留学 inオーストラリア ~英語学習で使用したmeet upについて~

看護留学 inオーストラリア ~留学後の就職について~

看護留学 inオーストラリア ~必要な持ち物~

オーストラリアのおすすめスポット・お役立ち情報はこちら↓↓

看護留学 inオーストラリア ~オーストラリアの関税・検疫について~

看護留学 inオーストラリア ~ATMでのトラブル~

看護留学 inオーストラリア ~超おすすめ穴場リゾートエアリービーチ♪について~

看護留学 inオーストラリア ~ウルルだけではないです!おすすめのキングスキャニオン♪~

オーストラリアでの看護職について

オーストラリアでの看護職は以下の3つに分けられます。

Regoster Nurse:RN     正看護師

Enroll Nurse:EN     准看護師

Assistant In Nurse:AIN      介護士 (アシスタントナース)

CertificateⅢのコースを修了すると、AINとして働くことができます。私がオーストラリアで働いていた時、実際RNを取得できた日本人の方が同じ寮に住んでいました。かなり英語の勉強を頑張ったそうです。課題も論文を英語で提出しなければならないのでかなり大変そうでした。オーストラリアで、RN取得には、「学位」「英語力」「看護師資格」が必要になります。必要英語力はIELTSで各バンドで7.0以上取得しなければなりません。これはかなり高い英語力が必要です!!!オーストラリアで正看護師資格取得はそう簡単なことではありません。また、長い期間を必要とします。同じ寮に住んでいた子は、取得を考え始めてから取得まで約5年弱かかったとか(;´∀`)ちなみに私の周囲では、その子以外で看護師資格取得を考えているこ子や取得中の子はいませんでした。

ちなみに、オーストラリアは週によってマニュアルが異なります。検温表への表記の仕方が異なり、その週のやり方を覚えます!

AIN資格(CertificateⅢ)

普通CertificateⅢコースを修了するには約6か月学校に通う必要があるのですが、ワーキングホリデーは期間が限られているため、そんなに長く学校に行っていたら働く期間が短くなってしまいます。なので、ワールドアベニューではそれを3ヶ月で取得できるようにしてくれてます。ただし、病院での臨床経験が1年以上は必要です。ワールドアベニュー以外でも、約3ヶ月で取得できる会社はあります。

ちなみに現地で実際住んでいる日本人の方から聞いた話によると、オーストラリアは日本と同様に老人を介護する人手が不足しています。なので時々学校を無料で開校して、資格を取ることができることもあるらしいです。ワーホリで行った私は英語力や期間等に問題があり、そこで受講する事は難しいですが、、、💦

AINとして働くためのテストについて

12月から1月の間は看護師を目指している人も学校が休みになるので、その期間AINとして働く学生が多いです。なので、アシスタントナースの仕事が少ない時期になり、この時期テストに合格するのは厳しいです。私も実際この時期にテストを受けたので苦戦しました。語学学校でかなりクラスの上の子でも何度も受け直している子もいました。

以前も書きましたが、試験はスピーキングテストです。とにかく沢山話す練習が大切になってきます。

派遣会社での仕事

試験で合格するとワールドアベニューが派遣会社を紹介してくれます。シドニーだけでもいくつかの派遣会社があり、どこの派遣会社になるかは選べないのですが、ワールドアベニューが住んでいる場所などを考慮して派遣会社を紹介してくれます。派遣会社を紹介してもらい履歴書を自分で用意し、一応面接があるのですが、ほとんど働き方の説明で、日本のような質問をされる面接ではありませんでした。アルバイトの際も履歴書は必要になるのですが、書き方が日本と異なるためまた履歴書の書き方についてもまた書きますね!

仕事の受け方

仕事はオンコールで基本的に電話でもらいます。電話をもらうのは、だいたい前日か当日ですが、中には間に合わないじゃんって時間の時もあります。そういう時は、仕事に行くことはできるけど開始時間に間に合わない、どのくらいに到着できるか調べて連絡すると伝えます。だいたい間に合わない場合は、後で仕事を開始した時間をメッセージで送ってと言われます。

電話では、「Are you available work this morning?」(今日の朝働けますか?)と聞かれました。

このオンコールでの仕事は結構ストレスです。朝電話で起こされるのは思っている以上に苦痛です。私はもう今日の朝は働きたくないという時は、電話を無視したこともあります。私は派遣会社の寮に住んでいて、寮を管理している人も派遣会社の人でした。なので家で会うと、何で今日電話に出なかったの?と聞かれる事もありましたが、気が付かなかったとごまかしていました。

仕事の閑散期について

私たちは12月にテストを受け始め、実際にすぐに合格できた子も中にはいました。ですが、先ほども述べたように12月は看護師を目指している人も学校がお休みでAINとして施設や病院で働くための、その期間仕事が少ないです。実際この時期すでに派遣会社で働いていた子は、12月は2週間のうち1日しか仕事がもらえなかったと!!!オーストラリアは家賃が高いので働けないと生活が苦しい(´;ω;`)

私達はワールドアベニューに現地の派遣会社を紹介してもらい働き始めます。ですが、閑散期ですとテストに合格しても直ぐに働き始めることができませんでした。私と同じ時期にテストを受け始めた子の中で1番最初の12月上旬にテストに受かった子でも、実際に派遣会社を紹介してもらったのが1月中旬、働き始めたのが1月下旬でした。この空白の1か月の間は、日本に帰る人や旅行に行く人、特にシドニーに残りバイトをしたりと様々でした。

休日、祝日の仕事について

実際にワールドアベニューの説明を聞いた方はご存知だと思いますが、オーストラリアは土日祝日は給料が上がります。上がり方は、その派遣会社によって異なりますが、その中でも給料は、

土曜日<日曜日<祝日

となります。そのため祝日の仕事をもらうのはとても大変です。私は2回ほど祝日仕事をさせてもらいました。私が住んでいたのは寮でしたので、仕事を渡す側も祝日の仕事を誰にあげるかに気を遣ってくれていました。リビングにいるとわざわざ電話で違う部屋に呼び出され、「あなたに仕事をあげるけど、ほかの人は祝日仕事もらえてない人もいるから、仕事をもらった事は他の人には言わないでね。」ということもありました。

寮に住んでいると他の人が働いてて自分だけ電話が来なかったら、あれ??て思ったりもしてしまうことがありましたが、みんないい人ですごく楽しく生活することができました。

派遣会社以外で働く方法

オーストラリアで最初に働く仕事は、ワールドアベニューが紹介してくれます。ワーキングホリデーとして働く場合、同じ雇用主で働ける期間は最大で6か月となります。もし、セカンドビザを取得して仕事を6か月以上働く場合、ワールドアベニューに2年目のサポートをお願いして、再度紹介してもらうこともできるのですが、再度お金を支払う必要があります。そのため、中には自分で直接施設にアプライしている人もいました。こうすることで施設でシフトももらえ予定が立てやすいです。ですが自分でアプライする場合は、それなりの英語力も必要になります。

最後に

今回は、オーストラリアでのAINについて書きました。私の寮での生活は、様々な人との出会いがありとても充実していました。キッチンにはガスオーブンがあり寮の人と仕事が来ない時はお菓子作りをしたり、ウォーキングをしたり、一緒にお酒を飲んだりご飯を食べたりととても楽しかったです。

最後まで御覧頂きありがとうございました。何か質問がありましたらコメント欄にお書きください。

4 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です