看護留学 in オーストラリア ~必要な費用について~

今回は、オーストラリアの看護ワーキングホリーでの必要費用について書いていきます。私は、ワールドアベニューという会社を使ってワーキングホリデーに行きました。その時実際使った費用をもとに書いていきます。お金のことは結構重要なことなので、これから行く方やもうすでにオーストラリアにいる方の参考になればいいなと思います。

↓↓他にも看護ワーキングホリデーに関する記事を書いていますので良ければご覧ください。↓↓

看護留学 inオーストラリア ~看護ワーキングホリデーでできること~

看護留学 inオーストラリア ~ワールドアベニューが手配するホームステイ先について~

看護留学 inオーストラリア ~ホームステイ後の家の探し方~

看護留学 inオーストラリア ~取得できるアシスタントナース資格について~

看護留学 inオーストラリア ~アシスタントナースの日本とオーストラリアの働き方の違い~

看護留学 inオーストラリア ~オーストラリアの施設と病院について~

看護留学 inオーストラリア ~アシスタントナースの給料について~

看護留学 inオーストラリア ~アシスタントナースって誰でも働けるの?~

看護留学 inオーストラリア ~英語学習で使用したmeet upについて~

看護留学 inオーストラリア ~留学後の就職について~

看護留学 inオーストラリア ~必要な持ち物~

オーストラリアのおすすめスポット・お役立ち情報はこちら↓↓

看護留学 inオーストラリア ~オーストラリアの関税・検疫について~

看護留学 inオーストラリア ~ATMでのトラブル~

看護留学 inオーストラリア ~超おすすめ穴場リゾートエアリービーチ♪について~

看護留学 inオーストラリア ~ウルルだけではないです!おすすめのキングスキャニオン♪~

日本で支払う料金

学校、ホームステイ、現地でのサポート(1年間の)

まず一番最初に支払うのが、申し込み金。確か20万円程度でした。

その後、語学学校やCertificateⅢ(アシスタントナース資格)取得の学校、現地でのサポート費用はまとめて支払うのですが、確か120万円程度でした。この金額はAUDのレートによって変動するため、人によって安かったり逆に高かったりもします。こればっかりはタイミングですね!

以前のブログにも書きましたが、オーストラリアに行ってから、CertificateⅢ取得学校に行くのをやめたとしても学校のお金は返金されません。私の周りにも実際行かなかった人がいたのですが、金額は返金されていません。

ビザ

ビザ取得のために、確か3万~4万円支払いました。ビザ取得の際は、電話でワールドアベニューのスタッフがサポートしてくれます。

海外留学生保険

海外旅行中に怪我や病気になった際現地の病院で保険を使用して診てもらえるよう、保険に加入します。保険に加入しないとかなり高額な金額を支払うことなります。オーストラリアには日本語で対応してくれるクリニックもあり、英語が苦手な方でも気軽に受診することができます。

金額は一年間の場合だと15万円~25万円程度でプランによって変動します。だいたい渡航3か月前位にワールドアベニューから連絡を頂き支払いました。もし2年目も滞在する予定の方は、その後新たに保険料が必要になります。私の周囲では、同じ保険プランで更新している人はほとんどおらず、他の安い保険に変更した人もいれば、更新も安いプランに再加入どちらもしない人がいました。保険料は結構出費になります(;´∀`)

航空券

航空券の予約の手配は、無料でワールドアベニューで行ってくれます。私は、オーストラリアに行く前にトランジットでタイ旅行をしたので、航空券は自分で手配しました。看護師の仕事は忙しいので手配してもらっている人もいましたが、自分で手配したほうが選べて、金額も安くできるので私は自分で手配する方法をおすすめします。もし、パスポートをお持ちでない方でしたら、パスポート取得代金も必要になります。

現地で必要な費用(すぐ必要なもののみ)

ワールドアベニューが現地で使用できる口座を前もって開設してくれます。なので、現地で必要になるお金をあらかじめ送金しておきます。語学学校中やCertificateⅢ取得の学校に通っている最中アルバイトもできます。私は、約70万円をあらかじめ送金しました。多少アルバイトすれば、学校に通っている最中は大丈夫でした。

オパールカード購入費(交通費)

オパールカードは、日本でいうPASMOやSuicaのようなもので、電車やバスに乗るときにタップしてお金を支払います。交通費の値段は最初のホームステイ先の場所にもよります。遠いと交通費がかかってしまいます。こちらは、ワールドアベニューのスタッフに空港到着時に購入するように言われます。

語学学校でのプライベートレッスンorメディカル授業

まず、語学学校が始まる前に現地のスピーキングのテストがあります。これはクラス分けのためなのですが、この点数が低いとプライベートレッスンを受けなければならなりません。これはアシスタントナースとして働けるだけの英語力に上げる必要があるためです。これは、3500AUDです。もし、点数がよかった場合は別途でメディカル英語が学べる授業に出席できるのですが、これも確か約2600AUD位(約25万円)でした。プライベートレッスンは、必ず受けなければならないのですが、メディカルを受けるかは選ぶことができます。私も含め多くの人が、この個人レッスンを受けることになります。

プライベートレッスン等で追加の料金が発生する可能性があることは、渡航前の同意書について書いてあるのですが、追加の料金は全員かかると考えた方がいいです。ほとんどの方がプライベートレッスンを受けるのですが、点数が良くてもメディカル英語を受講する方がほとんどだからです。これについては、結構高い値段なので、渡航前の同意書サインの際詳しく話を聞いたほうがいいでしょう。支払いは、オーストラリアに行ってからになります。

私も含め私の周囲もほとんどの人が、プライベートレッスン用でのお金を現地で支払うのがきつかったです。日本のスタッフからは、約100万円位送金しておけば現地で学校に通っている間は生活できると言われていたので、私もそのくらいは送金しておいたのですが。。。私の友人は、100万位あれば現地でバイトしなくても生活できると聞いたと言っている人もいました。実際はそこから、プライベートレッスン料を支払うので、物価の高い現地で100万円からプライベートレッスン料を引くとかなり生活が厳しいです。ほとんどの人がバイトをしていたのですが、現地のおしゃれなカフェ等で働くためには結構な英語力が必要になるため、バイトできる場所も限られます。オーストラリアの最低賃金を満たしていないような場所で働いている人が私の周りでは多かったです。あまり良いバイト先は少ないです。それも踏まえて、現地の口座に送金しましょう。

カランメソッドの教科書

こちらは、Jet English Collegeに通うのであれば全員購入しなければいけません。授業がこの教科書に沿って進んで行くからです。カランメソッドは、レベル別にそれぞれ分かれていて、1~10まで教科書があります。私の場合、3から始まり7までやったので、教科書も4冊購入しました。1冊35AUD(日本円で約3000円位)でした。4冊購入すると結構な額です。もし先に語学学校を終えている、もしくは使い終わったテキストを持っている人がいたら、その人から安く譲ってもらうというのもいいかもしれません。

現地で使用する消耗品等

現地でドライヤー、シャンプーやリンス、化粧水などを購入します。日本のドライヤーは電圧がオーストラリアで使用すると電圧が高いため壊れやすいらしいです。私も現地で購入したのですが、たしか30ドル位のものでしたが、風が強めで使いやすかったです。

シャンプーですがオーストラリアは硬水なので、日本のものは軟水向けに作られており髪がべとついてしまいます。現地で調達した方がいいです。

化粧水は現地でも購入できるのですが普段使って使っているものが良ければ、それを日本から持参したほうがいいでしょう。人によっては、環境やケア用品が合わず肌が荒れてしまうことがあります。もちろん日本製のものは現地でも購入できるものがありますが、高額です。

最後に

覚えている範囲で書かせて頂いたので抜けているものがあったら申し訳ないです!!!

今回は金額について書かせていただいたのですが、お金に関わることはしつこく質問しましょう!今見返しても結構な金額がかかっていたということに驚きです。これから、オーストラリアに行く予定の方はそのことも踏まえて検討しましょう。

最後まで御覧いただきありがとうございました。

4 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です